ロゴ

「地震のお見舞い」の言い方

災難の話術


地震で被災された方へ「お見舞い申し上げます」の気持ちを言葉で伝える実例集です。地震での被災は日常のやりとりとは異なる相手への気遣いが必要です。
一般的なマナーとして1.安否の確認、2.お見舞いの言葉、3.励ましの言葉のみを短くお伝えして、相手の負担にならないようにしましょう。
なお、被災者の方へお見舞い金を送られる場合の熨斗は「地震御見舞」「災害御見舞」などと記載します。


(1)被災者の安否確認 + (2)お見舞いの言葉 +(3)励ましの言葉

例)
(1)そちらで大きな地震があったことをニュースで知りました。ご自宅は大丈夫でしたか?(2)とんだご災難で、心中お察し申し上げます。(3)まだ余震が気がかりで、不安な気持ちでお過ごしかと思いますが、くれぐれもご自愛ください。



(1)被災者の安否確認

(2)お見舞いの言葉



(3)励ましの言葉



話術 Home 災(さいなん)の話術
災害のお見舞い  台風のお見舞い  水害のお見舞い  災害復興の言葉  停電のお見舞い  災害のお見舞いのお礼  安否を気遣う言葉 
話術の投稿募集中(どなたでもお気軽に)


名前の詩
19ch.tv
話術検索

© 話術.com, All rights reserved. since2007