ロゴ

「お見舞いで励ます」挨拶の例

お見舞いで相手を励ます時は、病状のことを詳しく聞いたり、見た目の感想を言ったりしないように注意しましょう。
また、仕事や家事の話題で回復を焦らせないように配慮しましょう。

お見舞いで相手を励ますマナー
(1)病状を詳しく聞かない。
入院されている方にとって、何度も病状を説明するのは苦痛です。
(2)ネガティブな感想を言わない。
「少し痩せましたね」「お顔の色がすぐれませんね」などマイナスの表現には特に気をつけましょう。
(3)回復を焦らせない。
仕事のことを話して早期職場への復帰や、家の家事が大変なことなどの話題で相手を焦らせないように配慮しましょう。
また、以下のような繰り返し言葉は、お見舞いでは避けましょう。

「わざわざ」「またまた」「ますます」「たびたび」「かさねがさね」「よくよく」「くれぐれも」「泣く泣く」「わざわざ」「いやいや」「いろいろ」「うすうす」「えんえん」「おいおい」「おちおち」「ぎりぎり」「こつこつ」「さいさい」「せいせい」「とうとう」「ゆうゆう」「よくよく」「らくらく」
悪い例)くれぐれもご養生ください。


話術

お元気そうで...



お大事に

ご静養ください

ご療養ください

ご養生ください



話術 Home お見舞いの言葉 励(はげます)話術
とっておきの一言、投稿募集中。


話術検索

© 話術.com, All rights reserved. since2007