綽

お悔やみの言葉




励(はげます)/

  • ○○様の訃報[フホウ]に接し、申し上げる言葉もございません。どうか、お気を確かに持ってください。
  • この度は、思いがけないお知らせをいただきました。
  • この度は、思いもかけない事で、お慰[ナグサ]めの言葉もございません。
  • ご家族の皆様のお気持ちを思うと、いたたまれない気持ちでいっぱいです。
  • さぞ、お疲れでしたでしょうと存じます。
  • さぞ、お力落としのことでございましょう。
  • さぞ、無念のことでございましょう。
  • さぞかしおつらいでしょうが、どうかお力落しのないように・・・。
  • とても優しい方だったのに、本当に寂しく思います。とても現実のことと思えません。
  • わたくしでお役に立つことがございましたら、何なりとお申しつけください。
  • ○○様の一日も早いご傷心[ショウシン]の回復をお祈り申し上げます。

    ★関連リンク:葬(そうぎ)

残念です

  • このたびのこと、残念でなりません。
  • この度のご不幸、たいへん残念です。
  • この度は、たいへん残念なことでした。
  • ご壮健[ソウケン]とばかり思っておりましたのに、大変残念です。
  • 生前は何かとお世話になりましたが、こんなことになり、残念でなりません。

お悔やみ申し上げます

  • ○○様が亡くなられたとのこと、△△さんから聞きました。心からお悔やみ申し上げます。
  • 敬愛[ケイアイ]する○○様のご冥福[メイフク]を、心からお祈り申し上げます。
  • 心からお悔やみ申し上げ、御冥福[ゴメイフク]をお祈り致します。
  • 心からお悔やみ申し上げます。
  • 心よりご冥福[メイフク]をお祈り申しあげます。
  • 心中、お察し申しあげます。

ご愁傷さま

  • このたびは、まことにご愁傷[シュウショウ]さまでございました。
  • この度は、誠にお気の毒さまです。
  • この度は、誠にご愁傷様[シュウショウサマ]でした。

お疲[ツカ]れでしょう

  • どうぞ、ご無理をなさいませんように・・・。
  • お疲れで、健康を害することのなきようお祈りいたしております。
  • お力落としのあまり、どうかお体を損なわれませんように。
  • ご看病の疲れが出ませんよう、ご自愛ください。
  • さぞかしお疲れのことと存じます。どうぞ、お体を大切に。
  • 残されたご家族のためにも、どうかご健康を害することがありませんように。
  • お気の毒さまでございます。


罎膣

wajyutu


荅




紵篏莖

top