綽

相手を立てて反論する言葉




否(ひてい)/

相手を立てて反論する言葉

  • おしゃることはよく分かります、ですが・・・。
  • おっしゃることはよく分かります。しかし・・・。
  • ごもっともだと思いますが・・・。
  • さしでがましいようですが・・・。
  • それは、おっしゃるとおりですが・・・
  • それは、ごもっともですが・・・
  • それはごもっともだと思います、しかし・・・。
  • 生意気を言うようですが・・・。
  • なるほど、確かにそうですね、しかし・・・。
  • 基本的には○○さんのおっしゃる通りだと思います。しかし・・・。
  • 恐縮[キョウシュク]ですが、私にも考えがあります。お聞きいただけますでしょうか?
  • ごもっともな意見だと思います。しかし・・・。
  • ご無礼を承知で申し上げますが・・・。
  • そういった考えもあるかと思いますが、私は・・・。
  • そのようなご意見はごもっともです。しかし、○○のような見方もできると思うのですが、いかがですか?

その他

  • 確かに○○ということはあります。しかし、私は△△と思います。
  • なるほど、◯◯が△△であることは、理解できます。しかし、□□については・・・。
  • 君が○○を頑張っていることはよく知っているし、これからも期待している。しかし・・・。
  • しかし、これには理由がありまして。
  • すみませんが、それではあまりお話が一方的です。

話術の投稿 募集中

このページに追加したい話術をご投稿ください。


  • 確かにご指摘のとおり◯◯です。しかし△△の可能性があるならば、挑戦する価値はあると思います。
  • お言葉を返すようで恐縮ですが...


罎膣

wajyutu


荅




紵篏莖

top