綽

待ち遠しい時の言葉




待(まつ)/

待|待ち遠しい

  • ○○が待ち遠しいですね。
  • 今は嵐[アラシ]が去るのを、待つほかないでしょう。
  • ○○を待っているのですが、なるべく早めにお願いします。
  • 返事を急ぐ必要はなかと思いますが、あまりお待たせしてもいけませんので・・・。
  • 春の訪れが待ち遠しいですね。
  • 6月)梅雨明けが待ち遠しいですね。
  • 8月)夏休みが待ち遠しいですね。
  • 元気にハイハイするのが待ち遠しいですね。
  • ずいぶん日が長くなりましたね。梅雨明けが待ち遠しいですね。ひと雨欲しいくらいの暑さですね。
  • ご昇進、心待ちにしておりました。
  • 待ちに待った社員旅行です。皆さん、今日は日頃の忙しさを忘れて、たっぷり英気[エイキ]を養ってください。

話術の投稿 募集中

このページに追加したい話術をご投稿ください。




罎膣

wajyutu


荅




紵篏莖

top