綽

食品を贈答する時の言葉




贈(おくる)/

贈|食べ物

おすそわけの言葉

  • お試しいただけたらと思いまして。
  • お口に合えばよろしいのですが。
  • ○○様のお口に合いますとよろしいのですが。
  • 皆様で楽しんでいただけると光栄です。
  • ○○をお送りしました。お酒のおつまみにどうぞ。
  • ○○さんの、お口にあいますかどうか。
  • ○○県の実家からぶどうが届きましたので、心ばかりですが、よろしければ召し上がってください。
  • 当地の産物の○○を、少しばかり送らせていただきました。お口に合いますかどうか。
  • ちょうど、○○の旬でございますので・・・。
  • つまらないものですが、私の田舎でとれた○○です。
  • お口に合うかどうかわかりませんが、お受けくださいませ。
  • よろしければ、召し上がっていただけませんか?
  • ほんの少しだけですが、おすそ分けします。
  • おいしい○○をいただいたので、おすそわけいたします。
  • ○○が△△から届き、うちではとても食べきれませんので・・・。
  • いただき物で失礼ではございますが・・・。
  • 田舎の特産品がうちに届きましたので、よろしければご家族でお召し上がりください。
  • ○○さんへおすそわけです。よろしかったらどうぞ。
  • 気持ちばかりですが、ご気分のよろしいときにでも、どうぞ。
  • お口にあうかわかりませんが、よろしかったらお召し上がりください。
  • 実家の母が送ってきたものですが、どうぞお召し上がりください。
  • 珍しい品なので、ぜひ召し上がってみてください。

その他

  • ○○をお送りしました。ご賞味ください。
  • ご賞味くだされば幸[サイワ]いでございます。
  • 召し上がってくだされば幸[サイワ]いです。
  • お気に召していただければ、幸[サイワ]いでございます。


罎膣

wajyutu


荅




紵篏莖

top