綽

お中元を贈る時の言葉




贈(おくる)/

贈|お中元

お中元を贈る

  • ご無沙汰のお詫びかたがた、お中元の品を送らせていただきました。
  • お中元の気持ちばかりに○○を、本日お送り申し上げました。
  • (残暑)お見舞いの気持ちばかりに、粗品[ソシナ]をお送りいたしました。
  • 日頃の感謝のしるしに、心ばかりの品を送らせていただきました。
  • 暑さをひととき忘れていただきたくて、○○を送りました。
  • お中元(お歳暮)のご挨拶に、心ばかりのものですが、お届けに上がりました。どうぞ、お納[オサ]めください。
    φ(..)  お中元を贈る時期:7月〜7月中旬まで。

★関連リンク:お中元


お中元を贈る話術の投稿 募集中


  • 日頃の感謝をお伝えしたく、心ばかりの品ではございますが、当地特産の○○をお送りいたしました。
  • 夏の挨拶として、○○をお送りいたしましたので、ご賞味ください。
  • 日頃から何かとお世話になり、ありがとうございます。お中元のしるしまでに、気持ちばかりの品を贈らせていただきました。喜んでいただければ幸いです。
  • 本日、日頃のご無沙汰のお詫びも兼ねて、お中元のしりしまでに○○をお送りいたしました。
  • 日頃から何かとお世話になり、感謝していおります。お中元のしりしまでに、本日○○をお送りいたしました。


罎膣

wajyutu


荅




紵篏莖

top