綽

ご心中、お察し申し上げます




葬(そうぎ)/

ご心中、お察し申し上げます

  • お力落[チカラオ]としはいかばかりかと存じますが、くれぐれもお体をお大事に。
  • ○○さんの深い悲しみを思うと、胸がいたみます。
  • ○○様のご心中をお察しするだけで、胸が痛みます。
  • あまり突然なことで、ご家族のお気持ちを思うと、何と申し上げてよいのか分かりません。
  • ご家族のご心痛[シンツウ]、いかばかりかとお察し申し上げます。
  • ご心痛[シンツウ]の深さ、お察しいたします。
  • まったく予期せぬ事故で、さぞかし驚きになったこと、心中お察しいたします。
  • 突然のことで、さぞお力落としのことでしょう。
  • さぞお寂しいことと、拝察[ハイサツ]しております。
  • これからお寂しくなりますね。
  • ご家族の皆様のご心中、お察し申し上げます。
  • ご家族の皆様のお気持ちを思うと、いたたまれない気持ちでいっぱいです。
  • さぞ、お力落としのことでございましょう。
  • さぞ、無念[ムネン]のことでございましょう。
  • 心中、お察し申しあげます。

★関連リンク:思(おもう)

故人へのお偲び・思い出に《名前の詩》を贈りませんか?
☆名前の詩 >故人へのお偲び・思い出

→|お悔やみ電報・弔電を【ネット電報】で賢くおくる。

話術の投稿 募集中

このページに追加したい話術をご投稿ください。




罎膣

wajyutu


荅




紵篏莖

top