綽

わたしには荷が重すぎて




照(てれる)/

わたしには荷が重すぎて

  • 私ごとき若輩[ジャクハイ]が出る幕ではございません。
  • 私には荷が勝ちすぎるようです。
  • 不慣れな私がこのような大任[タイニン]をおおせつかり、まことに恐縮[キョウシュク]いたしております。
  • 私にはもったいないお話です。
  • わたしには荷が重すぎて、何と申してよいやら・・・。
  • ○○大役は、私ではこなせそうにありません。
  • わたくしのような者には荷が重すぎます。申しわけございませんが、どうかほかの方にお願いしてください。
  • せっかくですが、私には力が及ばず、ご期待に添いかねます。
  • とても私の手に負えそうにありませんので・・・。
  • 私のような非力では、とても努まりません。
  • せっかくのご指名ですが、○○といった大役は、とうてい私どもの努まるところではありません。

★関連リンク:断(ことわる)


話術の投稿 募集中

このページに追加したい話術をご投稿ください。




罎膣

wajyutu


荅




紵篏莖

top