綽

同情する言葉




思(おもう)/

同情する言葉

  • 御心中お察しいたします。
  • さぞかし○○でしょう。
  • お気の毒でした。
  • ○○は大変でしたね。
  • お気持ちは痛いほど分かります。
  • おたがい○○ですよね。
  • お力落としはいかばかりかと存じますが、くれぐれもお体をお大事に。
  • そんな事があったなんて、とても信じられない。何と申し上げていいか?まだまだ、やり直しはききます。体だけは大事にしてください。
  • いろんな事があり、さぞお疲れでしょう。私になにかできることがあったら、気軽に声をかけてね。
  • 私が何をいっても、どうしようもない事だけど、気持ちだけはしっかりね。
  • 私にも経験があるからあなた(君)の気持ちは良く分かるわ。こんな時は思いっきり、さわぐのが一番。今度、○○も誘って飲みに行こうよ。
  • なぐさめの言葉が見つからないけど、一日も早くあなた(君)の明るさが、もどってくれるとうれしいよ。
  • 何か出来ることがあれば、いつでも力になるよ。
  • それは、つらかったでしょう。
  • もう少し○○だと思っていたのに、当てが外れたよ。
  • そうですか。それは本当にお困りですね。
  • 私にはあなたの気持ちがよく分かるわ。
  • お気落ちのことでしょうが、なにとぞ気をしっかりお持ちください。
  • さぞお寂しいことと、拝察[ハイサツ]しております。
  • 実は僕にも、そんな覚えがあるんだ。
  • おつらい気持ち、伝わってきます。

話術の投稿 募集中

このページに追加したい話術をご投稿ください。


http://line.me/S/sticker/1160550



罎膣

wajyutu


荅




紵篏莖

top