綽

四十九日 かける言葉




四十九日 かける言葉

四十九日(しじゅうくにち)は故人の一年目の命日に営まれる。三回忌のお供えの表書きは、「御霊前」「御供物料」など。※服装は喪服、略式礼服。

  • 本日は○○さんの四十九日のご法要にお招きいただき、恐れ入ります。ひとことおくやみを申し上げたく、おうかがいしました。
  • 本日はご法要にお招きいただき、恐れ入ります。私には○○様がお亡くなりになったことが未だに信じなれません。
  • 四十九日のご法要に際し、○○様の在りし日のお姿を忍び、ご冥福をお祈りいたします。
  • 四十九日ののご法要にあたり、心からお悔やみ申し上げます。
  • 本日はお招きにあずかり、ありがとうございます。○○さんの四十九日のにあたり、心ばかりのお花をお持ちしました。ご仏前にお供えさせてください。
  • 本日は四十九日のご法要にお招きいただき、恐れ入ります。ご家族の皆さまもさぞ、お疲れでしょう。
  • まだまだお気落ちのことでしょうが、残されたご家族のためにも、何とぞ気をしっかりお持ちください。
  • お子さまのためにも、どうかお気をしっかりとお持ちください。
  • さぞかしお疲れのことと存じます。どうぞ、お体を大切に。

★関連リンク:葬|ご自愛ください



話術の投稿 募集中

このページに追加したい話術をご投稿ください。




罎膣

wajyutu


荅




紵篏莖

top