綽

災害のお見舞いの言葉




災(さいなん)/

災|災害のお見舞いの言葉

  • 今回の地震(台風、水害、雪崩、崖崩れ、津波etc)で被災された◯◯様に、心よりお見舞い申し上げます。
  • 先日の地震(台風、水害、雪崩、崖崩れ、津波etc)のご被害に遭われたとのこと、謹んでお見舞い申し上げます。
  • このたびの地震(台風、水害、雪崩、崖崩れ、津波etc)で被害に遭われ、誠にお気の毒さまです。
  • どうかご家族でこの困難を乗り越えられ、皆様が一日でも早く平穏な生活に戻れるよう、お祈りしております。
  • ◯◯様のご無事を確認することができて、安心しました。
  • ○○様がご無事であったかと、気をもんでおります。
  • この度はたいへんでしたね。ご家族のみなさんは、大丈夫でしたか? どうか、余震にもご注意ください。
  • 余震が多くて不安も大きいことと思いますが、どうか、お気を強くお持ちください。
  • ご避難のお疲れもさぞがしのことでございましょう。
  • さぞ、不安な一夜をお過ごしになられたことでしょう。
  • 今回の地震(台風、水害、雪崩、崖崩れ、津波etc)で被災された方々に、心から哀悼の意を表します。
  • 一日も早い復旧と、被災された方々が日常生活に戻れるよう、お祈り致しております。
  • ご家族の皆様がご無事でいらしたのが、せめてもの事と存じます。
  • ご家族の皆様のご様子はいかがかと、一同案じております。
  • どうかお心を強くお持ちいただき、一日も早い復旧と、皆様が日常の生活に戻れるよう、お祈りしております。
  • 何のお手伝いもできず、歯がゆい思いです。
  • 思いがけない災難で、ご傷心のことでしょうが・・・。
  • 思いもしない災害に見舞われ、さぞご心痛のことでしょう。
  • 先日は○○がありましたが、被害はございませんでしたか?
  • このたびは思いもよらぬ災難で、大変だったことでしょう。お察しいたします。
  • この度はとんだ災難で、お疲れでしょう。どうかお大事になさってください。
  • この度はご災難でしたね、ご家族の皆様も、ご無事でいらっしゃいますか?
  • 何か私にお力添えできることがございましたら、ご遠慮なくお申しつけください。
  • 一日も早いご回復をお祈りいたしております。
     

お気の毒です

  • ご心労のほど、お察[サッ]し申し上げます。
  • たいへんな目に遭[ア]われまして、お気の毒です。
  • 心中お察[サッ]し申し上げます。本当に残念なことでした。
  • ○○様から△△様が、火事に遭われたことを伝え聞きました。
  • ○○様から△△様が、被災なされたとのことを聞きました。
  • ○○とのこと、お痛わしい限りです。
  • ○○とのこと誠に残念で、ご同情に堪[タ]えません。
  • この度は、とんだご災難で、心中お察し申し上げます。
  • この度はたいへんなご災難でしたね。くれぐれもお大事に。
  • この度はとんだご災難で、お気の毒に存じます。
  • この度は思いがけない災厄[サイヤク]で、本当に大変でしたね。
  • ご心情を思うと、おなぐさめの言葉もございません。
  • 突然の災害に見まわれ、さぞかしお力落としのことでしょう。大変なご災難でしたね。
  • この度は思いもよらぬご災難に遭われ、さぞお力落としのことと思います。
     

驚いています

  • テレビで○○被害のニュースを見て、驚いております。
  • 知らせを聞いて驚きました。このたびはたいへんな災難でございました。
  • ○○で被災されたとのこと、驚きいっております。
  • ニュースで○○のことを知り、被害のほど案じております。
  • ニュースで○○を見て驚きました。○○様は大丈夫だったでしょうか?
     

お見舞申し上げます

  • ○○とのこと、お見舞い申し上げます。 皆様、御無事でしょうか?
  • このたびのご災難、お見舞い申し上げます。
  • 地震(台風、水害、雪崩、崖崩れ、津波etc)で被災された◯◯様に、心よりお見舞い申し上げます。
  • このたびは、思いもかけないご災難で・・・。
  • この度の思いもかけぬご災難、心よりお見舞申し上げます。
  • この度は、本当に大変な思いをなさいましたね。心よりお見舞い申し上げます。私で、お役に立てることがあったらおっしゃってください。
  • 火災(水害)にあわれたとのこと、謹んでお見舞申し上げます。
  • 不慮のご災難、心よりご同情申し上げます。
  • この上はどうぞ、お気を取り直されて、一日も早いご復興[フッコウ]をお祈り申し上げます。
  • この度は大変でしたね。ご心痛お察し致します。
  • どうか十分にご静養[セイヨウ]され、一日も早くご回復なさるよう祈っております。
  • 思いもよらぬことで、心からお見舞い申し上げます
  • 十分に静養され、1日も早く全快されますようお祈りしております
     

ご無事で何より

  • この度は思いもよらぬ災害でしたが、◯◯様には大きな被害もなくご無事と伺い、安堵いたしております。
  • ご無事で、何よりでございました。
  • ご無事で何よりでした。
     

災害で亡くなられた方へ

  • このたびは、地震(台風、水害、雪崩、崖崩れ、津波etc)による思いもよらぬ訃報に驚いております。○○様のご冥福を心からお祈りしております。
  • この度は思いもかけないことで、誠にお気の毒さまです。遠方からになりますが、○○様のご冥福をお祈り申し上げます。
  • この度の地震(台風、水害、雪崩、崖崩れ、津波etc)で、○○様がお亡くなりになられたとのこと、ご心中、お察し申し上げます。また、心からお悔やみ申し上げます。

 

「災害のお見舞いの言葉」文例を募集中


  • 災害おわび→深くおわび申し上げます
  • このたびは大変でしたね。何かお手伝いしたい気持ちはあるのだけど、お見舞いができなくてごめんなさい。気持ちばかりの品を贈ります。


罎膣


荅
榊g ュ腑 腟紿腑 亥腑 欠 紿綣 腑 腑 茯

wajyutu





荅

紵篏莖

top