綽

災害のお見舞いの言葉




災(さいなん)/

災|災害のお見舞いの言葉

  • ○○様がご無事であったかと、気をもんでおります。
  • ご家族の皆様がご無事でいらしたのが、せめてもの事と存じます。
  • ご家族の皆様のご様子はいかがかと、一同案じております。
  • ご避難のお疲れもさぞがしのことでございましょう。
  • さぞ、不安な一夜をお過ごしになられたことでしょう。
  • それは、不幸中の幸いでした。
  • 一日も早いご回復をお祈りいたしております。
  • 何のお手伝いもできず、歯がゆい思いです。
  • 思いがけない災難で、ご傷心のことでしょうが・・・。
  • 思いもしない災害に見舞われ、さぞご心痛のことでしょう。
  • 先日は○○がありましたが、被害はございませんでしたか?
  • このたびは思いもよらぬ災難で、大変だったことでしょう。お察しいたします。
  • この度はとんだ災難で、お疲れでしょう。どうかお大事になさってください。

お気の毒です

  • ご心労のほど、お察[サッ]し申し上げます。
  • たいへんな目に遭[ア]われまして、お気の毒です。
  • 心中お察[サッ]し申し上げます。本当に残念なことでした。
  • ○○様から△△様が、火事に遭われたことを伝え聞きました。
  • ○○様から△△様が、被災なされたとのことを聞きました。
  • ○○とのこと、お痛わしい限りです。
  • ○○とのこと誠に残念で、ご同情に堪[タ]えません。
  • この度は、とんだご災難で、心中お察し申し上げます。
  • この度はたいへんなご災難でしたね。くれぐれもお大事に。
  • この度はとんだご災難で、お気の毒に存じます。
  • この度は思いがけない災厄[サイヤク]で、本当に大変でしたね。
  • ご心情を思うと、おなぐさめの言葉もございません。
  • この度はたいへんな災難でしたね。

驚いています

  • テレビで○○被害のニュースを見て、驚いております。
  • 知らせを聞いて驚きました。このたびはたいへんな災難でございました。
  • ○○で被災されたとのこと、驚きいっております。
  • ニュースで○○のことを知り、被害のほど案じております。
  • ニュースで○○を見て驚きました。○○様は大丈夫だったでしょうか?

お見舞申し上げます

  • ○○とのこと、お見舞い申し上げます。 皆様、御無事でしょうか?
  • このたびのご災難、お見舞い申し上げます。
  • このたびは、思いもかけないご災難で・・・。
  • この度の思いもかけぬご災難、心よりお見舞申し上げます。
  • この度は、本当に大変な思いをなさいましたね。心よりお見舞い申し上げます。私で、お役に立てることがあったらおっしゃってください。
  • 火災(水害)にあわれたとのこと、謹んでお見舞申し上げます。
  • 不慮のご災難、心よりご同情申し上げます。
  • この上はどうぞ、お気を取り直されて、一日も早いご復興[フッコウ]をお祈り申し上げます。
  • この度は大変でしたね。ご心痛お察し致します。
  • どうか十分にご静養[セイヨウ]され、一日も早くご回復なさるよう祈っております。
  • 思いもよらぬことで、心からお見舞い申し上げます
  • 十分に静養され、1日も早く全快されますようお祈りしております

ご無事で何より

  • ご無事で、何よりでございました。
  • ご無事で何よりでした。

話術の投稿 募集中

このページに追加したい話術をご投稿ください。


  • このたびは大変でしたね。何かお手伝いしたい気持ちはあるのだけど、お見舞いができなくてごめんなさい。気持ちばかりの品を贈ります。
  • i'm sorry for what has happened


罎膣

wajyutu


荅




紵篏莖

top