綽

一身上の都合



言い方

「一身上の都合」の使い方

「一身上の都合」(いっしんじょうのつごう)は、退職する(した)際の個人的な理由として使われる表現です。
個人的な理由には、結婚退職、学業に専念、病気の療養、夢の実現などのほか、親の介護、家業を継ぐなど家族の理由も含まれます。
個人の都合ではなく、解雇やリストラ、倒産など会社の都合で退職する場合には「一身上の都合」にはなりません。

 

会社を辞めたい

  • 入社以来ずっと部長にはお世話になりましたが、誠に勝手ながら◯月末をもって、一身上の都合により退職させていただきたいのですが。。。
  • 実はかねてより◯◯の分野に興味があり、今後はそちらの方面に進みたいと考えています。つきましては、一身上の都合で誠に勝手ながら◯月末をもって、会社を退職させていただきたく思います。
  • ○○部長、お忙しいところ恐れ入ります。このたび、一身上の都合により退職させていただきたいのですが。。。
  • このたび、親の看護のために実家に帰らなければならなくなりました。そこで、ご迷惑をおかけいたしますが、一身上の都合により来月いっぱいで会社を辞めさせていただきたく存じます。
     

会社を辞める

  • この度、一身上の都合により本日付で退職することになりました。
  • 私は◯年より○○課に勤務しておりましたが、この度一身上の都合により、退職することとなりました。
  • 私事で恐縮ですが、◯月◯日付を持ちまして一身上の都合により○○会社を退職することになりました。
  • この度、一身上[イッシンジョウ]の都合で、退職することになりました。
    皆様には長い間お世話になり、本当にありがとうございました。これからも◯◯課のご発展をお祈りいたしております。
 

「一身上の都合」の会話例

 

「山田部長、実はたいへん申し上げにくいのですが、一身上の都合により○○日でこちらの△△をやめさせていただきたいと思います」。

 
 

「ほう、それは急な話だね。よかったら事情を話してもらえるかな?」

 
 

「はい、実は実家で製造業を経営している父が入院いたしまして、家族で話し合った結果、長男の私の家族が福岡の実家に帰って介護をすることになりました。父の事業を私が継ぐかどうかは、まだ決まっていません。」

 
 

閉店する

この度一身上の都合により ○月○日をもって当店を閉店することになりました。お客様には開業以来、長きに渡ってご愛顧いただき、誠にありがとうございました。


「◯◯」会話の例文を募集中





荅
tanjyou nyugaku wedding sinchiku taisyoku kinkon kanreki koki beijyu mother keirou etc



wajyutu

file



top