綽

お見舞いで安心した時の言葉




安(やすらぐ)/

お見舞いで安心した時の言葉

  • もう食事が食べられるように聞き、安心しました。
  • お顔の色がいいようで、安心しました。
  • お元気そうで、安心しました。
  • 思ったより元気そうで安心したよ。(安心しました)
  • 検査の結果、○○は深刻[シンコク]なものではないと分かり、安心しております。
  • 順調なご回復で、安心いたしました。
  • この前と比べてお顔の色つやもよろしいようで、安心しました。
  • ご入院の話を聞いたときは、本当に驚きましたが、思いのほかお元気そうで安心いたしました。
  • 一時はどうなることかと案じましたが、その後は順調で安堵[アンド]しております。
  • 皆様の安否[アンピ]はいかがでしょうか?心よりお見舞申し上げます。
  • 幸い、病状は快方に向かっていると聞き、安心しました。
  • 思いのほか早いご退院とのこと、安心しました。
  • 入院なさったとうかがい驚きました。でも元気そうでなによりです。安心いたしました。
  • 手術の経過は順調だそうで。もう安心ですね。
  • ご全快おめでとうございます。ご家族の皆様もさぞご安心なさいましたでしょう。
  • お顔の色はいいようで、安心しました。

ご安心ください

  • あせらずに、ご療養[リョウヨウ]ください。お留守[ルス]はしっかり守りますから、ご安心ください。
  • お陰様[カゲザマ]で順調に快方に向かっておりますので、ご安心ください。
  • あと○○日ほどは病院での生活になりますが、順調に回復しておりますので、ご安心ください。

★関連リンク:病(びょうき)


話術の投稿 募集中

このページに追加したい話術をご投稿ください。




罎膣

wajyutu


荅




紵篏莖

top