綽

とんだ不始末・粗相




謝(あやまる)/

とんだ不始末

  • この度、とんだ不始末を起こしてしまいました。
  • ○○が、とんだ不始末をしでかしまして、申し訳ございません。
  • 部下がとんだ不始末をしでかしまして、私どもの教育不行届きで申し訳ございません。
  • ○○が、とんだ不始末をしでかしましてご迷惑をおかけいたしました。
  • 息子の不始末をお詫びいたします。
  • これは、前代未聞の不始末です。
  • 部下の不始末は、私どもの責任です。教育不行届きで誠に申し訳ございませんでした。
  • このたびの不始末、何卒お許しくださいますようお願いいたします。

とんだ粗相(そそう)

  • これは、とんだ粗相をいたしました。
  • とんだ粗相をしてしまい、申し訳ございません。
  • この度はとんだ粗相をいたしまして、おわびの申し上げようもございません。
  • お酒のうえのこととはいえ、昨夜はとんだ粗相をしでかし、ご迷惑をおかけいたしました。
  • この度はとんだ粗相をしてしまい、大変申し訳ありません。お詫びに○○させてください。
  • 息子が○○様に、とんだ粗相を申しました。
  • ○○が、とんだ粗相をいたして、まことに相済みません。

★関連リンク:飲酒の失態を謝る?


話術の投稿 募集中

このページに追加したい話術をご投稿ください。


 

http://line.me/S/sticker/1160550



罎膣

wajyutu


荅




紵篏莖

top