綽

「聞く」の話術




「聞く」の話術

「お聞きになる」「聞かれる」

相手が「聞く」の場合の尊敬語は「お聞きになる」「聞かれる」。

  • 課長、◯◯の件について、部長にお聞きくださいましたか?
  • 課長、◯◯の件について、部長に聞いてくださいましたか?
  • 部長は◯◯の件についてお聞きになりましたか?
  • 部長は◯◯の件についてお聞きになられましたか? ※ 2重敬語。
  • 課長は◯◯の件について聞かれましたか?
  • どうか、お怒りにならないでお聞きください。
  • ◯◯の件については、担当者にお聞きください。
  • ◯◯の件については、担当者におたずねください
  • 日程変更について聞かれましたか?
  • 部長から○○について、お聞きになりましたか?
  • ◯◯の件がお耳に入っているかと思いますが・・・
  • 変更点についてお聞きしました。
  • 現場の意見もお聞きになってください。
  • 現場の意見もお聞きください。
  • 申し訳ございませんが、あちらの総合受付でお尋ねいただけますか。

「拝聴する」「うかがう」「承る」

自分が「聞く」場合の謙譲語は「拝聴する」「うかがう」「承る」。

  • お名前をうかがってもよろしいでしょうか?
  • お話をおうかがいし、事情はよくわかりました。
  • お話を拝聴し、大変感動いたしました。
  • お噂はかねがねお聞きしております。
  • 私が話をうかがいます。
  • ◯◯さんのプレゼンは何度か拝聴したことがあります。
  • 明日の準備についてうかがっておきたいのですが。
  • 恐れ入りますが、御社のご連絡先を伺ってもよろしいでしょうか?

「聞く」話術の投稿 募集中




罎膣

wajyutu


荅




紵篏莖

top