綽

「断る」敬語




敬語

断るの敬語

相手に「お断りします」と伝えたい時の敬語例。

 

お受けできません

  • 大変申し訳ございませんが、その件はお引き受けいたしかねます。
  • 現状では、お引き受けするのが難しい状況です。
  • その条件ではとても、お受けするわけにはまいりませんので、あしからずご了承ください。
  • その納期ではとてもお受けすることができず、今回ばかりはご協力いたしかねます。
 

ご期待にそえず

  • ご期待にそえず申し訳ございません。弊社の内情をおくみとりいただければありがたいです。
  • ご期待にそえず恐縮ですが、当方の事情をご理解のうえ、あしからずご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • ご期待にそえず恐縮ですが、○○の件はご協力いたしかねます。
  • 弊社にて検討させていただきましたが、不本意ながら貴意[キイ]に添いかねる次第でございます。
  • お客様のご希望に添えない場合もございますので、何卒ご了承ください。
 

遠慮させていただきます

  • 申し訳ありませんが、今回は遠慮させていただきます
  • せっかくのお話ですが、私どもは遠慮させていただきます。
  • ありがたいお話ですが、この度のお話は遠慮させていただきます。
 

見送らせてください

  • 申し訳ありませんが、今回は遠慮させていただきます
  • せっかくですが、今回のところは見送らせてください。
  • ありがたいお話ですが、都合がつかず見送らせてください。
  • ご要望に添えず恐縮ですが、今回は見送らせていただくほかないようです。
  • 現状では条件が折り合わず、見送らせいただくほかございません。
 

ご容赦ください

  • 申し訳ありませんが、今回は遠慮させていただきます。
  • 今回ばかりは、何卒ご容赦ください。
  • どうか、ご容赦のほどお願いいたします。
  • 悪しからずご容赦ください。
  • 前例がないため、何卒ご容赦願います。
 
 
*関連頁:断(ことわる)
 
 

「断るの敬語 」文例を募集中




罎膣


荅
榊g ュ腑 腟紿腑 亥腑 欠 紿綣 腑 腑 茯

wajyutu





荅

紵篏莖

top