綽

「申し訳ない」敬語



敬語

「申し訳ない」の敬語

相手に謝罪する時に使う敬語。「申し訳ありません」「申し訳ございません」「申し訳なく存じます」の例。

 

申し訳ありません

  • 先日は差し出がましいことを申しまして、申し訳ありませんでした。
  • 申し訳ありません。先日の納期遅れは、私の不手際でした。
  • 私の手落ちで、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
  • お忙しいところ、部長にご無理を言って申し訳ありません。
  • 申し訳ありませんが、明日までに製品を仕上げてもらえませんか?
 

申し訳ございません

  • この度は、多大なご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。
  • こちらの都合で、ご足労いただき、申し訳ございません。
  • わたくしの不注意でご心配をおかけし、大変申し訳ございませんでした。今後は二度とこのようなことのないように気をつけます。
  • 私どもの失態で御社にご迷惑をおかけして、申し訳ございませんでした。
  • 弊社の不祥事で、皆様をお騒がせして申し訳ございませんでした。
  • お客様に多大なご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。
 

申し訳なく存じます

  • この度の件、本当に申し訳なく存じます。お詫びの言葉もありません。
  • 近隣の皆様の大変ご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳なく存じます。
  • この度は、お客様に不愉快な思いをさせてしまい、誠に申し訳なく存じます。
  • ◯◯の件でご迷惑をおかけし申し訳なく存じますが、予めご了承くださいますようお願いいたします。
  • 仕様を大幅に変更する形になってしまい、たいへん申し訳なく存じます。
  • ご多忙の中のところ、ぶしつけなお願いをして申し訳なく存じます。
 
 
*関連頁:敬語
 
 



荅
tanjyou nyugaku wedding sinchiku taisyoku kinkon kanreki koki beijyu mother keirou etc



wajyutu

file



top