綽

「食べる」の話術




相手が「食べる」

相手が「食べる」の場合の尊敬語は「召し上がる」

  • 遠慮なさらず、召し上がってください。
  • ごゆっくりと召しあがってください。
  • テイクアウトですか?こちらでお召し上がりですか?
  • 粗茶[ソチャ]でございますが、どうぞ、お召し上がりください。
  • つまらないものですが、。どうぞ皆さんで召し上がってください。
  • どうぞ、遠慮[エンリョ]なさらず、召し上がってください。
  • どうぞ、冷めないうちに召し上がってください。
  • 心ばかりですが、よろしければ召し上がってください。
  • お口にあうかわかりませんが、よろしかったらお召し上がりください。

自分が「食べる」

自分が「食べる」場合の謙譲語は「いただく」

  • 先日は○○を、ありがとうございました。家族で美味しくいただきました。
  • さわやかなのど越しで、美味しくいただきました。
  • とてもおいしくいただきました。
  • 喜んで賞味させていただきました。
  • 旬の○○を堪能させていただきました。
    ★関連:食|贈りものお礼

話術の投稿 募集中

このページに追加したい話術をご投稿ください。




罎膣

wajyutu


荅




紵篏莖

top