綽

「召し上がる」敬語



敬語

「召し上がる」の敬語

相手が食べる時の尊敬語「召し上がる」の敬語例。

 

召し上がってください

  • どうぞ、遠慮なさらず、召し上がってください。
  • どうか、ごゆっくりと召しあがってください。
  • いただき物ですが、どうぞ皆さんで召し上がってください。
  • どうぞ、冷めないうちに召し上がってください。
  • つまらないものですが、よろしければ事務所の皆さんで召し上がってください。
  • 開封後は、早めに召し上がってください。
  • ハネムーンのおみやげです。営業部の皆さんで召し上がってください。
  • 鳥取の実家から梨が届きました。少しですが、召し上がってください。
  • お口の合うかわかりませんが、どうぞお召し上がりください。
 

お召し上がりください。

  • お口に合うかわかりませんが、地元名産の◯◯です。よろしかったらお召し上がりください。
  • なまものですので、お早めにお召し上がりください
  • 地元の銘菓です。ご家族の皆様でお召し上がりください。
  • 伊勢旅行のおみやげです。お茶の時間に皆様でお召し上がりください。
  • お召し上がりになってください ※過剰な敬語。
 

御賞味ください。

  • この地方の特産品で、今が旬です。ぜひこの機会にご賞味ください。
  • 瀬戸内のの旬の味覚、日生の牡蠣をご賞味ください。
  • 岡山のピオーネです。ぜひ一度ご賞味ください。
  • 香川で定番のさぬきうどん。 みなさんでご賞味ください。
  • 清流の鮎はおいしいと好評です。ぜひ一度ご賞味ください。
 
 
*関連頁:敬語
 
 

「召し上がる」の敬語の文例を募集中


  • 上がるように頑張る



荅
tanjyou nyugaku wedding sinchiku taisyoku kinkon kanreki koki beijyu mother keirou etc



wajyutu

file



top