綽

「受ける」敬語




敬語

受けるの敬語

相手から依頼されたことを「引き受ける」「了解する」ときの敬語の例。 ※「了解しました」は、自分が理解したという意味なので、お客様や上司など目上の人への敬語としてはお勧めできません。
 

お受けいたします

  • その案件は、弊社でお引き受けいたします。
  • ◯◯の件、私でよろしければ、お引き受けいたします。
  • 新規プロジェクトの件、喜んでお引き受けいたします。
  • プロジェクトリーダーとして、精一杯務[ツト]めさせていただきます。
  • 心得ました。私におまかせください。
  • 先日ご依頼いただいた件、社内で検討した結果、謹んでお引き受けいたします。
  • 少しでも◯◯様のお役に立てるのでしたら、喜んでお引き受けいたします。
  • 屋根や外壁の修理お受けいたします。
  • 夜間・休日のご相談もお受けいたします。
  • お気持ちだけ、ありがたくお受けいたします。
  • お引き受けさせていただきます ※自分の意志で行うため「いたします」を使う。
 

承知しました

  • ○○の件、確かに承[ウケタマワ]りました。
  • 納期の件、承知しました。今週中にお届けいたします。
  • 承知しました。早速、○○の手配をいたします。
  • クレーム対応の件、承知いたしました。速[スミ]やかに対処いたします。
  • 追加納品の件、承知いたしました。明朝にお届けいたします。
  • 商品の値引きの件、了承いたしました。
  • 納期の遅れの旨、了承いたしました。
 

かしこまりました

  • かしこまりました。最善をつくして対応いたします。
  • かしこまりました。ご期待に添えるよう、頑張ります。
  • はい、かしこまりました。明日までに必要な書類を準備いたします。
  • かしこまりました!私どもにお任せ下さい。
 
 
*関連頁:敬語
 
 

「受けるの敬語」の文例を募集中




罎膣


荅
榊g ュ腑 腟紿腑 亥腑 欠 紿綣 腑 腑 茯

wajyutu





荅

紵篏莖

top