綽

「見る」敬語




敬語

「見る」の敬語

自分が見る時の謙譲語は「拝見する」「見せていただく」。相手が見る時の尊敬語は「ご覧になる」「見られる」などを使います。

 

拝見する

  • 失礼します。それでは、実物を拝見します。
  • 私が拝見した限りでは、製品自体には問題がないようです。
  • モデルルームのリビングを拝見したいのですが、構いませんか?
  • 山田さんは絵画で県展に入選されたそうですね。ぜひ、一度作品を拝見したいものです。
  • こちらの商品を、拝見させていただいてもよろしいですか?
  • 南さんのブログはいつも楽しみに拝見しております。
  • 貴サイトを拝見し、問い合わせをさせていただいております。
  • ちょっとお庭を拝見してよろしいですか?
 

見せていただく

  • 結婚式とハネムーンの写真を見せていただくのを楽しみにしております。
  • 貴重な品を見せていただき、ありがとうございました。
  • カタログ番号21番の、実物を見せていただくことは可能でしょうか?
  • 校内を見せていただき、ありがとうございました。
  • 今まで見せていただいた物件では、中区のマンションが気に入っています。
 

ご覧になる

  • 新製品の試作品を、明後日社長がご覧になるそうです。
  • 昨夜、E社とA社が合併を発表したニュースをご覧になりましたか?
  • 弊社からお客様へお送りした受注メールをご覧になりましたか?
  • よろしければ庭に出られて、ご自由にご覧なってください。
  • ぜひ、弊社の新商品もご覧なってください。
 

見られる

  • パーマの間、雑誌を見られますか?
  • 倉敷に来られたのでしたら、美観地区を見られてはいかがですか?
  • 明日商品が届くので、実物が見られます。
 
 
*関連頁:敬語
 
 

「見る」の敬語 の文例を募集中




罎膣


荅
榊g ュ腑 腟紿腑 亥腑 欠 紿綣 腑 腑 茯

wajyutu





荅

紵篏莖

top