綽

「見る」の話術




「見る」の話術

「ご覧になる」

相手が「見る」の場合の尊敬語は「ご覧になる」。

  • その企画書は、社長がご覧になるそうです。
  • どうぞ、ゆっくりとご覧ください。
  • 部長、あの昨日の株価ニュースをご覧になりましたか?
  • 私の提案書をご覧くださってありがとうございます。
  • 私の作品をご覧いただき、ありがとうございます。
  • 館内をご自由にご覧ください。
  • 館内をご自由にご覧なってください。
  • 部長、昨夜の○○ニュース特番を見られましたか?
  • ご注文後にお客様へお送りしたメールをご覧になりましたか?

「拝見する」

自分が「見る」場合の謙譲語は「拝見する」。

  • それは私が拝見します。
  • 御社が先週お出しになった新商品を拝見しました。
  • 御社が先週お出しになった新商品を見せていただきましたが、お見事ですね。
  • 私が拝見した限りでは○○○です。

話術の投稿 募集中

このページに追加したい話術をご投稿ください。


  • 昨日、◯◯の企画書を拝読いたしました。


罎膣

wajyutu


荅




紵篏莖

top